一般財団法人 松翁会トップ > 一般財団法人松翁会について > 理事長挨拶
理事長挨拶
財団概要
事業概要

理事長挨拶

松翁会は、大正11年9月初代安田善次郎(雅号「松翁」)追悼事業の一環として設立され、大正15年9月、現在の千代田区大手町に安田診療所を開設しました。爾来、診療所経営を通じて発展を遂げ、昭和18年9月には国の認可を得て公益法人として財団法人に改組しました。その設立時の目的には「至誠奉公ノ精神ニ基キ健民厚生ノ実ヲ挙ゲ以テ国運ノ進展ニ寄与スル」と謳われており、その精神に則り80有余年に亘り「疾病の予防と早期発見・早期治療」に取組んでいます。

また、昭和61年からこうした医療事業に加え「社会福祉事業に対する助成事業」を開始し、毎年助成金を交付しています。現在までの助成金累計は2億数千万円を数え、我が国の「社会福祉向上」に少しなりとも貢献しています。(因みに、東京大学安田講堂、日比谷公会堂等は、松翁こと初代安田善次郎の遺志を継いで寄贈されたものです。)

平成24年4月には公益法人制度改革を受けて、行政庁の許可のもと「一般財団法人」へ移行しました。 更に平成26年1月に大手町タワーの竣工に伴い、大手町地区再開発の工事期間中に移転していました八重洲口大栄ビルより大手町に復帰致しました。
引き続き、医療事業と助成事業を通じて社会に広く貢献してまいります。

理事長 池田 輝彦
[交通]東京メトロ・都営地下鉄各線 大手町駅直結
    JR東京駅・丸の内北口より徒歩4分
松翁会診療所 大手町健診プラザ
一般財団法人 松翁会 
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワー地下1階